45歳からのスキーワークアウト#18 腹斜筋 ツイストクランチ 何歳からでも上手くなれる

【Ski work out#18 ツイストクランチ】
片手10㎏×30秒×3セット インターバル1分
レベルアップに年齢は関係ない!(^_-)-☆

トレーニングや筋トレはなにも若い人たちだけに必要なものではありません。むしろ年齢を重ねた今だからこそ必要ですし、チャレンジのしがいがあるもの。

ニセコようていスキースクール公式Youtubeチャンネルでは、47歳を迎えた現役北海道デモンストレーターの校長大西が、45歳の8月から始めたスキーのための筋力トレーニングをメインに公開していきます。

少しでもご参考になれば幸いです。

滑走中に身体にかかってくる大きな外力に負けない姿勢でスキーを抑えるために、いわゆる「外傾」を維持するためにも必要な筋群に刺激を入れます。(外傾といっても、肩のラインが水平で・・・ということに限りません。見た目というよりは身体の使い方としての表現です)

左に回旋したときには左の手のひらでウエイトをしっかり受け止めるように行うと「ズシリ」と重さを感じることができます。

もちろんこれは一つの方法で、これだけで賄えるというものではありませんが、これにプラスして肩甲骨の可動域を広げるエクササイズを平行しておこなえば、例えばコブのストックワークで腕が引けた時などの上半身のバランスの乱れを抑えることができるようになります。

けっこう効きますので、トレーニングの仕上げにどうぞ♪

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ最近の記事

PAGE TOP