何気ない幸せ~お祭りって楽しいな~

こんばんは!

暑い日が続いておりますね。

さて、昨日、おとといと地元倶知安町の「じゃが祭り」に参加してきました。

毎年恒例の場所で、今年もまた焼きそばを焼きまくることができて本当に楽しい時間でございました。


ストックよりもコテのほうが似合うとよく言われます(笑)

しかしアレですね。

お祭りってのは本当にワクワクいたしますね。

きっと皆様の地元でも同じでしょうけど、お祭りの日は町中の空気がどことなく楽し気ですし、朝から夜までハッピーな空気感に包まれておりますからすれ違う人みんなが笑顔で、自然、気が付くとこちらもニヤニヤしております。

年一ペースでしか会えない人にもたくさん会えますし、なによりも昼間から飲める(笑)


やはりお祭りの日は青空が似合いますね

てかですね、昨日の最終日、後片付けに勤しんでいる最中にクライマックスの花火が上がったのですが、ふと手を休めてふと路上を見ると、多くの観客に紛れて妻も花火を見ていたんですね。(妻も仕事終わりでお祭りを手伝いに来てくれたんです)

僕は作業があったので花火をみることはなく、そこから見える妻と観衆を見ていたのですが、なんと言いましょうか、その目に映る映像がやたらに「リアル」に感じまして、その質感と言いましょうか、全ての輪郭がはっきりと見えるような、その目に映る映像が手で触れるかのような何とも言えない不思議な感覚に襲われまして、大袈裟に言うのならば「時が止まった」ような感覚になったんです。

僕の浅い知識から言えば、禅の修行などで瞑想が上手く行ったときにそのような感覚を味わうことがあるそうなのですが、その仏僧の手記を読んだ時に想像したときの感覚に近いものを感じたんです。

ま、そういう細かなことは置いておいてですね、なによりも感じたことは

「あぁ幸せだなぁ」

という想いでございまして、お祭りの空気感、笑いあう仲間、夏の夜、花火を嬉しそうに眺める妻の姿、朝からビール(笑)など様々な要素があったにせよ、こういう何気ない日々に訪れた何気ない幸福感に、ちょっと涙が出そうなくらいに感激したんです。

あ、今日のブログはたいしてオチはありませんので(笑)

ただ、上にも書きましたように、ふとした瞬間に幸せを感じられたのは本当に嬉しいなと、ひとそれぞれに尺度や深度は違うでしょうけれど、「幸せ」ってやつはなにも特別なことをしなくても感じることができるんだなと、これからの日々もこういう瞬間を味わえるように毎日を誠実に精一杯いきていこうと、このように思うことができた今年のお祭りでございました。

また来年!!\(^_^)/


お中元 北海道限定 限定発売★ サッポロビールクラシック 夏の爽快   500ml缶/24本入 2箱

ブログ最近の記事

PAGE TOP