【”マルチ”とはこいつのこと】誰にでも優しいジェントルマンなスキー~オガサカUnity U-VS/1~

おはようございます!

久しぶりのオフとなり朝からブログを更新しております。

今日は夜に開催しております筋トレ教室の仕事も入っておりませんので丸一日予定がない本当のお休みでございまして、プロとしては仕事が入っていないことについては情けないのですが、身体を休める良い機会と捉えてスキーにはいかず、普段なかなか読めない厚めの本でも読んでみようかなと企んでおります(*^^*)

お天気もイマイチなので今日は家で大人しくですね(^^♪

さて、本日も、先日仲間内で開催いたしましたオガサカスキー20-21Newモデル試乗会の模様をレポートしてみたいと思います。

ということで本日ご紹介させていただきますスキーはこちら!

そのマルチな才能ゆえに登場以来根強い人気を誇るオガサカのスタンダードシリーズ「Unity」シリーズでございます。

もうですね、Unityとオガサカは切っても切れない関係と申しましょうか、「創業以来ずっと経理を担当してくれた事務員さん」くらい欠かせない存在のスキーでございまして、個人的には「元祖オールラウンドスキー」と言ってもいいのではないかと思えるスキーでございます。

さて、まずは今回テストしたスキーのプロフィールからご紹介いたしましょう。

今回テストしましたのは「U-VS/1」の165㎝でスリーサイズは上から119.5-76.5-103.5というプロポーションでRは16.3と、ミドルレンジよりながらもしっかりとショートレンジまで見据えたプロポーションとなっております。

デザインもいいですね(*^^*)

良い意味で「いつも通り」ながらも、テール部分に型番を大きく金文字であしらうことで目を惹くデザインとなっております。

で、肝心の乗り味でございますが、個人的には昨年モデルと大きく変わったという印象はありませんでしたが、唯一「お!」と思いましたのは、昨年のモデルよりもより速いスピードや強い力に対応してるという点でございます。

この秘密を紐解く鍵は「エッジ」にあるようで、Unityシリーズが採用してきた「ネオフレックスエッジ(エッジが細かくセパレートされたエッジのこと。これによりスキーの剛性が和らぎより扱いやすいスキーとなる)」を大幅に変更し「シームレスエッジ(トップからテールまでセパレートされていない1本エッジ)」を採用することで剛性をアップ、これにより、従来からの操作性の良さはそのままに、よりハイスピードな滑りにも対応したとのことなんです。

なるほど、どうりで小回りの反応が良かったわけだ。

「え、じゃあいままでのUnityのような簡単に扱える優しさや滑らかさはなくなったの?」

なんていうお声が聞こえてきそうでございますがそこはご安心を(^^♪

パラレルでスキーを操作できる方ならその扱うスピードの領域を問わずに、間違いなく乗り手の要望に応えてくれる、まさに「紳士」のような対応で全てのスキーヤーに心地良い乗り味とスキーの楽しさを提供してくれます。

足元が70ミリオーバーということで悪雪や深雪までも対応してくれるまさに「マルチ」なジェントルマンスキー「Unity U-VS/1」。

優しく、それでいてワガママを許してくれるスキーをお探しの方は迷いなく 「Unity U-VS/1」 をお選びください(^^♪



OGASAKA オガサカ スキー板 UNITY ユニティー U-OS/1 + FDT 12 TPX 金具付き・取付送料無料 19-20現行モデル

ブログ最近の記事

  1. エゾシーフード
PAGE TOP