食米でつくった純米吟醸酒「蘭越ゆめ絆」

おはようございます!

僕自身、ホームページリニューアルがよほど嬉しかったのでしょうか連続更新を続けるために早起きまでしてブログを書いております(笑)

ま、いつかは途切れるので(明日かも)あまり張り切りすぎないように気を付けます。

さて、本日は大好きな日本酒を紹介させていただこうかなと思います。

それがこちら

純米吟醸酒「蘭越ゆめ絆」でございます。(アイキャッチ画像は蘭越町様のホームページよりお借りいたしました。不都合ございましたら差し替えますのでご指摘ください)

なんと!食用米のブランド米として全国に知れ渡っている「ゆめぴりか」を100%使用した純米吟醸酒なんです。

これ、実は今年の1月にお客様から頂いていつか紹介させていただきたいと思っていたのですが、「いまだ!」というタイミングがなかなかなくて紹介が伸びに伸びておりましたが、ホームページをリニューアルしたこのタイミングがベストと思い今回のご紹介でございます。


ご覧の通り。

そして仕込み水はこれまた蘭越の水「ニセコ山系チセヌプリ」を使用しているとのこと。

ゆめ絆のフレッシュ感はこの仕込み水の清らかさも影響しているのかもしれません。

個人的な好みでは、「冷や」よりも「常温~ぬる燗」あたりが米のまぁるいふくらみ感を感じられて美味しく思いました。

お米大好きな僕としましては、お酒にするより<もそのままふっくらと炊いて焼き鮭あたりでいただきたいとついつい思ってしまいますが、しかし!ともあれ飲んでいただくと「あ、お酒にしたのも正解ですな」と納得する美味しさなので、機会があればぜひ飲んでみてください(^^)

そして朗報!

なんと今年もこの「蘭越ゆめ絆」の販売が決定したそうです!!(蘭越町ホームページ)やったー

このお酒は地元じゃないと買えませんのでなかなか全国の皆様のお手元には届きにくいと思いますが、関係者の方に取り次いで数本ならお取り置きできるかもしれません(あくまでも僕の勝手な希望です)ので、興味のあるお客様は一度ご連絡ください。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ最近の記事

PAGE TOP