これはやられた!ぜひレギュラー化して欲しいラーメン「一七五郎」~175°DENO澹澹麺~

こんにちは!

昨日までの猛暑が一変、今朝なんぞはすこし肌寒いくらいとなったニセコさんでございます。

ま、これが本来なのでしょうが、こうも気温の乱高下がありますとさすがに身体もついていきませんね。

皆様、体調は大丈夫でございましょうか。

ということで!

こんな時には辛くて美味しい担々麺でも食べてビシッと体調を整えてくださいまし!という思いを込めて、本日はこんなお店をご紹介させていただきます。

本日ご紹介させていただきますお店はこちら!

既に多くのメディアで紹介され、東京にも進出している超有名店「175°DENO澹澹麺」さんでございます。

今回は札幌南口店にお邪魔いたしました。

175°は以前にもこのブログで紹介させていただいているのですが、今回再び取り上げさせていただきましたのには理由がございまして・・・

それがこちら!

期間限定で提供されている衝撃の担々麺「一七五郎」をどうしても紹介したかったからなんです。

これはいわゆる「G系インスパイア」でございまして、175°×二郎という夢のコレボレーションでございます。

ということはそうです。

例の「マシマシ」は可能ということで、迷わず「ニンニク・野菜・背脂」をマシマシで、辛さのチョイスは丁度中間の「痺れる」をオーダーしました。(辛さは「痺れない」「痺れる」「すごく痺れる」の三段階からチョイスできます)

ドーン!

高さを協調した絵面。

ビジュアル的には本家ほどの「高さ」や「盛り上がり」はございませんが、これはきっと、もやしをこれ以上多くし過ぎるとスープのまろやかな胡麻の風味や花椒の香り・痺れが薄まってしまうからという配慮からでしょう。

まずはスープから。

上にも少し書きましたが、胡麻の風味が豊かで、まろやかな甘みをしっかりと感じさせてくれます。

そこに、特性ラー油の香ばしさがグッときて、その後にお待ちかねの花椒の鮮烈且つふくよかな香りと痺れが訪れます。

もう最高。

麺は太麺の平打ち麺です。

これがまた小麦も香って、しかも平打ちなので濃厚なスープもしっかりとからめとってくれるので「これしかない!」って感じのドンピシャな麺でございます。

でも個人的にはやっぱ麺よりスープですね。
ほんと美味い。

具材はもちろん豊富。

特筆はチャーシューでしょうね。

柔らかくホロッと崩れるタイプですが、肉厚なのでちゃんと噛み応えも残ります。

このチャーシューだけでも売ってくれないかなぁ(笑)

ちゃんと痺れて、ちゃんと胡麻で、ちゃんとマシマシで・・・

「コラボレーション」という表現を見事に具現化した一杯でございました。

この絶品コラボ麺、残念ながら明後日31日金曜日までの期間限定でございますので、食べたい方はお早目に訪ねてくださいね(^^)(ちなみに、この一七五郎は各店舗13時からの提供開始ですのでお間違いのないように)

ごちそうさまでした\(^o^)/

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フェニックス PHENIX メンズ スキーウェア ニセコジャケット Niseko...
価格:29700円(税込、送料無料) (2019/10/11時点)

ブログ最近の記事

PAGE TOP