幸せな食空間ここにあり~KAMIMURA~

おはようございます!

ようやく、確定申告が終了いたしました。

なんでしょうこの解放感は(笑)

毎年決まってやることなのできっちりと準備しておけばいいのにねぇ。

ともあれ、シーズン一番の大仕事が終了でございます(^^)

さて、本日は個人的に一番好きなレストランのご紹介でございます。

本日ご紹介させていただきますお店はこちら!

「スタイリッシュでエレガントな場所だけでなく、心地よく、親しみやすく、居心地の良いレストラン」を目指すという、あの上村雄一氏のレストラン『KAMIMURA』でございます。

お客様のお心遣いを頂き招待していただきました。

訪ねたのは先週ですが、平日にもかかわらず外国人のお客様で満席でございました。

さて、本日のメニューです。


シェフ・デギュスタシオン、シェフのお任せコースでございます。

ワインはペアリングを所望。

一品目。


ビーツのクレープ。

ビーツ独特の甘みが柔らかく口の中に広がります。

二品目。


牛蒡と胡桃のアイス。

牛蒡の土臭さが一切なく、豊かな牛蒡の風味に胡桃の香ばしさが重なり、大地の旨味とでも申しましょうか、アイス仕立てなのにどっしりとした旨味を感じました。ここら辺さすがですよねぇ。

三品目。


スモークトラウト。

フワッと香るスモーク香とトラウトの塩味が白ワインとバッチリでした。

四品目。


ボタン海老のマリネ。

濃厚なエビの甘みを一切逃さず酸味のアクセントを纏わせてくるこの手腕。既にこの辺りで美味さで唸り続けております。

五品目。


メヌケの蒸し煮。

高級魚ゆえ初めて食べましたが、淡泊な口当たりの中にもしっかりとした旨味が詰まっており、西京味噌との相性は抜群でした。春菊の春の香りも特筆ものです。

六品目。


熟成じゃがいもキタカムイ。

地元倶知安町が誇る540を用いた逸品。ラクレットとアンチョピが良いアクセントとなり、美味さのあまりため息がこぼれる逸品でした。ワインはここで赤に変わります。

七品目。


北海道産和牛の炭火焼き。

仔牛肉だけあって淡泊な味わいなのですが、上質な脂の甘みを活かしたソースがちゃんと肉の旨味を伝えてくれます。カミムラのお肉料理はいつも本当に美味しいので脱帽です。

八品目。


仔羊のスープ。

濃厚なエキスと葛きりの食感が楽しいこれまた絶品でございました。

さて、スープで一息ついたところでデザートです。


濃茶のソルベ。


幸せな牛のミルクアイス。

もうね、言葉は要りません。てか見つかりません。幸せです。特に「幸せな牛のミルクアイス」のバランスの良さとチョコレートの歯ごたえのある食感とのコラボは忘れられない味でございました。

そしてコーヒーが提供されます。

カプチーノと共にいただくお菓子も絶品。トリュフチョコとコーヒーの相性は倒れそうになるくらいです。

こうして約3時間半の夢の時間が終了。

美味しいお料理とお酒、そして大切な人たちとの会話。

「時間を楽しむ」ということを実感させてくれる「KAMIMURA」での時間を、ぜひ特別な人との特別な時間にご堪能ください(^^)

ごちそうさまでした\(^o^)/

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ最近の記事

PAGE TOP