訪ねればわかる「愛される理由」。札幌素敵サンドイッチ店~さえら~

【2020年2月24日マル秘スペシャルレッスン第一弾詳細決定!】上手くなりたいという人以外はクリックしないでください(^^♪

おはようございます!

ニセコさん、久しぶりの大雪でございます!

昨晩からの積雪は目測で約25㎝。

雪質としては若干湿っていて重たいので「JAPOW」とまではいきませんでしたが、それでも、雪不足が深刻な昨今においてはかなり価値のある恵みの雪となりました。

大切なことなのでしつこくしつこく書きますが、「雪がない」と言われているニセコさんでも標高800メートルより上のゲレンデはかなり状態が良いですし、今日の雪で山麓のコースもかなり回復しているでしょうから、お客様、もちろん例年通りのパウダー天国とまではいきませんがスキーを楽しむのには十分な条件がそろっておりますので、どうぞ安心してニセコへ滑りにいらしてくださいね(*^^*)

さて、本日はですね、昨日はまじめにスキー関連のことを書きましたので、今日は溜まりに溜まっているグルメネタを書いていきたいと思います。

ということで本日ご紹介させていただきますお店はこちら!

いまや「行列ができるサンドイッチ店」として観光名所にもなっている創業1975年という老舗サンドイッチ店「珈琲とサンドイッチの店さえら」さんでございます。

ここは前から行きたかったのですがなかなかタイミング合わず、もう昨年の秋になりますがようやく尋ねることができました。

このお店のウリはなんといってもそのメニューの豊富さでございましょう。

なんでも期間限定メニューも加えると100種類程度もあるそうで、ほんとどれを食べようか迷ってしまいます。

おすすめは「さえらといえばコレ!」というほどに大人気の「タラバガニサンド」なのですが、我々がお店に到着した11時頃(開店は10時)にはすでに売り切れておりました。恐るべしさえら。

ということで、迷いに迷いましたが、僕は「えびカツ&コンビーフ」を、妻は「たまご&野菜」をオーダーしました。

まずは「えびカツ&コンビーフ」から。

ぷりぷりのえびカツはどこか懐かしい味で、サクッとした衣も歯触りが良くて本当に美味しいえびカツでございます。

そこにこれまた懐かしい味のコンビーフを合わせますと、えびの甘みと衣の香ばしさにコンビーフの塩みと肉系のコクが絡み合い、実に豊かな美味しさが広がります。

妻の「たまご&野菜」も載せておきましょう。

「たまごサラダはこの味!」というところにビタッとくるシンプル&王道の味に新鮮野菜のトマトの酸味とキュウリのシャキシャキが加われば、僅か4個で食べ終わることが悲しくなってくるくらいの美味しさでございます。

でですね、このようにしてサンドイッチがやたらと美味いこともそうなのですが、このお店が長く愛されている理由の一つとして「店員さんの接客の良さ」を書かないわけにはまいりません。

忙しく動き回るも決して険しい顔をせずいつも笑顔ですし、小さなお子さんがぐずってしまってもきちんとフォローしておりましたし、コーヒーひとつ置いていく際にもひとことふたことお客さんと会話してからテーブルを後にしますしで、実に気持ちよく食事の時間を過ごさせていただくことができるんです。

僕が飲食店をご紹介する際にもっとも重視するのがこの部分でございまして、このブログに書いていないお店も数多くあるのですが、たとえおいしくても、たとえ有名店でも、接客がよろしくなく気持ちよく食事ができないお店はこれを読んでくださっている大切なお客様へご紹介できませんので絶対にここではご紹介いたしません。

その意味からはこのさえらさんは本当に気持ちの良い時間と空間と幸せなお食事を提供してくださる超優良店でございますので、皆さま、札幌でサンドイッチが食べたくなったらまずはさえらさんを訪ねてみてくださいね(^^♪

おいしいサンドイッチと素敵な時間をありがとうございました\(^o^)/

珈琲とサンドイッチの店さえら
住所:北海道札幌市中央区大通西2都心ビルB3F地下鉄大通駅19番出口すぐ
営業時間:[月~金] 10:00~18:00 [土・日・祝] 10:00~18:00
TEL:011-221-4220
定休日:当面の間は毎週水曜日

ブログ最近の記事

  1. エゾシーフード
PAGE TOP