札幌素敵担々麺-175°DENO〜担担麺〜 札幌北口店-

おはようございます!

今朝も早起きでございます(笑)

最近はお金にならない忙しさでアタフタしておりますが、ブログの方だけは目標とした「66日」まではなんとしてでも続けたいと思います。

さて、スキースクールのブログなのにグルメ情報ばかり、もはやなんのブログか分からなくなってきておりますが(笑)今日も元気に更新してまいりましょう!

本日ご紹介するお店はこちら!

「汁無し担々麺」で名を馳せた「175°DENO〜担担麺〜」さんの札幌駅北口店でございます。

このお店はオープンまもなくに本店の方に訪れて「汁無し」を食べまして、その美味さに衝撃を受けたことを覚えておりますが、次は「汁あり」を食べてみたいと思いつつ機会を得ることなく今まで来てしまいました。

ちなみに屋号は「ヒャクナナジュウゴドデノタンタンメン」と読みます。創業者が「出野さん」とのこと。

この日オーダーしたのはもちろんこちら

「汁あり担々麺・すごくシビれる」です。

四川花椒を使ったこの担々麺は「痺れる辛さ」が特徴でして、四川花椒の量で「シビれない」「シビれる」「すごくシビれる」をチョイスできます。ちなみに「すごシビ」は本当に物凄く痺れます。が、これが病みつき。

これに「玄米入りゆめぴりか」の小ライスを合わせます。


麺を完食後、「オジヤ」的に楽しみます。

もうね、本当に美味しいですよ。

辛さの中に豊かな旨味があり、ただ辛いだけではなく、辛み・甘み・酸味・旨味などの複雑な旨味がグラデーションとなって次々と訪れてくれますので、どれだけ口の中が痺れても最後の一滴までスープを飲み干さずにはいられません。ちなみに「これでもか!」としっかり混ぜることが美味しく食べるためのコツです。

ゆっくりと麺を堪能した後はさらなる至福の時、オジヤタイムでございます。

これもまたたまらん美味さなんですよ。

お米は玄米入りですのでお米の甘さのなかにほんのりと香ばしさも感じるのですが、それが旨辛のスープと出会った時の幸せね。思い出しただけでも美味いです。

リピート決定、東京にも進出したという人気店。
辛いものが大好きという方はぜひ訪ねてみてください(^^)

175°DENO〜担担麺〜 札幌北口店
TEL011-769-0334
北海道札幌市北区北7条西4丁目1-1 東カン札幌ビル1F(サンクス左側ビル入口から奥左側
営業時間10:30-22:30(L.O)(通し営業)
2017年1月1日~3日休業
2017年1月4日~通常営業
定休日無し

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ最近の記事

PAGE TOP