個人的コスパ五輪金メダル。最強の「定食屋」~カフェカラクリ虎~

こんばんは!

なんだか久しぶりの更新となってしまいました。

この間はなんだかバタバタとしておりましたが、メインはこの時期の恒例行事「ジャガイモの収穫」のお手伝いをしておりました。

今は機械で掘ることがほとんどで、イメージとしては「楽になった」なんて思われるかもしれませんがとんでもない。

1日10時間程度を機械の上で立ち作業しておりますと、鍛えているはずの僕でもかなりのダメージが残ります。

農家さんのとんでもない労働力の上に供給されている食物。

「いただきます」という思いは欠かすことができませんね(*^^*)

さて、本日は、先日遊びにいっていた札幌で食べた、もう紹介せずにはいられない、これを紹介せずに何を紹介するんだと思わせる絶品「定食」に出会いましたので、そちらをご紹介させていただきます。

ということで本日ご紹介のお店はこちら!

札幌は東区元町にございます「定食屋」「ザンギ屋」「ハンバーグ屋」など、どのジャンルで売り出しても抜群の味とコスパで間違いなく金メダル候補に躍り出る最強カフェ「カラクリ虎」さんでございます。

このブログをお読みいただいているお客様なら「あれ?」と思われることでしょう。

そうです。

ご紹介させていだくの二回目なんです。

前回ご紹介させていただいたときは大勢の仲間でお邪魔して、お料理はいわゆるパーティーメニューをご紹介させていただいたのですが、本日は「カラクリ虎さんを紹介するのにこれを紹介しないでどうする!」と熱く語ってしまうほどに超絶おすすめの「定食」をご紹介させていただきたく2回目のご紹介となります。

この日はお酒も楽しみたくて訪問(ビールからカクテル、ワインや日本酒まで飲み放題で1500円!)したので、最初はアラカルトで一品料理をオーダーしていたのですが、「お米が食べたい」という妻のリクエストで急遽定食をオーダー、これが度肝を抜く完成度とコスパだったのです。

その前に・・・

せっかくなので、お酒のアテに頼んだお料理もご紹介しますね。

まずはこちら。

漬けサーモンのきざみしょうが和え。

しょうがの爽やかな酸味がきれいに施されていて、一切の生臭さみのない完璧な一品。

後味でふわっと香ってくる甘味は何だろう。白みそかな。とにかくしょうがでごまかすことがない、酸味と甘み旨味のバランスが最高のお料理でした。

続いてはこちら。

しらすと大根のわさびドレッシングサラダ。

画像だとわからないかもですが、これ、大ぶりの「鉢」に入っているんです。

食べごたえはもちろんですが、さっぱりだけど物足りなくなく、いつまでも食べていられるこのサラダは、なるほど、これくらいの鉢で提供しないと「食べたりない」となるのでしょうね。

ここら辺はレモンサワーであわせています。

そしてお楽しみのこちらです。

カラクリ虎三本柱の一つ「ザンギ」、その多彩なバリエーションの中から「瀬戸内レモン塩ザンギ」でございます。

もうね、これたまらんですよ。

カリッカリ。ジュワジュワ。ハフハフ。

ザンギって、「衣の味だけ」なってしまってつまらないザンギが多いのですが、カラクリ虎さんのザンギは「衣の味を楽しんだ後に、ちゃんとお肉の旨味が広がってくる」という最高のザンギでございまして、一つ難点があるとすれば「うま過ぎて食べ過ぎてしまうから勘弁してほしい」というくらいでしょうか(笑)

もうお酒も進んでしょうがない(^^♪

さて、もっとおつまみでも・・・と思っていたところへ先ほどの「お米が食べたい」という妻のリクエスト。

で、これをオーダーしたのです・・・!!

アップもいきましょう。

どどん!!

たっぷりのご飯の上に盛り付けられた、これまたたっぷりのポークチャップに7品の小鉢、お味噌汁までついた「本日の日替わり定食 お肉の定食」でございます。

まずこのお値段から書いておきましょうか。

この定食、1280円でございます。

がですね、その「内容」が凄いんですよ。

まず、ご飯とお味噌汁はお代わり自由。食べ放題ですよ。

「メイン」のお肉の量もたっぷりですし、なんといっても小鉢が7品も。

酸味と甘みの絶妙バランスのポークチャップに7品の小鉢。メインはもちろんですが、小鉢の全部がおいしくて、優しい味付けもあればしっかりとした味付けのものまで実に多彩。もう全部が全部美味いんですよ。

極めつけは、この定食には「ワンドリンク」がついているのですが、なんとなんと「アルコール」もOKなんですよ!

なので、この定食一つ頼めば、もりもり食べられて、小鉢をつまみに軽く一杯、なんてことが実現できちゃうんです。

僕が近所なら間違いなく通いますね。

でね、なによりも声を大にしてお伝えしたいのはその「コスパ」の良さなんですよ。

「コスパ」といえば、いわゆる「お得感を感じられる値段設定」ということですが、しかし、例えば「量」や「値段」だけで言えばもう少し「多かった」り「安かった」りするお店はあると思うんです。

だけどね、「これほどまでにお料理のお味が美味しくてお得感がある」というお店にはそうそう出会えませんで、マスターの「おなかいっぱい美味しく食べてもらいたい」という想いがあふれ出ているという意味での「コスパ」は間違いなく金メダルレベルでございましょう。

毎日日替わりで、しかも一品ひとしな手作りで、しかもワンドリンクにアルコールまでOK、おいしいものが好きでおいしいものを知っているマスターとどこまでも気さくで明るい奥様が出迎えてくれるお店「カフェカラクリ虎」。

札幌でランチやディナーに迷ったらぜひこのお店を思い出してくださいね(^_-)-☆

ごちそうさまでした!

ブログ最近の記事

  1. エゾシーフード
PAGE TOP