スキーとコロナとビタミンD

おはようございます!

世の中が大騒ぎになっておりますね。

言わずもがな例の「コロナウィルス」のせいでございますが、個人的には「ちょっと騒ぎ過ぎなのかな」という印象でございます。

もちろんこのご時世でございますから、例えば体調が悪くなったりした際には躊躇なく外出は控えますし、当然仕事も調整してできうる限りで接触は控えるつもりではおりますが、これは「他の人に不安・不快な思いをさせないため」という理由が100%であり、「自分が罹患したくない」という理由からではございません。

もちろん「罹患したい」と思っているわけではございませんよ。

誰だって好んで体調を悪くしたいとは思っておりません。

でもですね、これは全くの個人的な考え方で「僕はこういうスタンスです」というだけで「みなさんそうしましょう」と煽っているわけでは決してないのですが、

「いろいろと数字を調べると、罹患したところですぐさま死ぬわけではないしなぁ・・」

という統計から見えてくる楽観論を支持しているからなんですね。

でも上で書きましたように、心底不安に思っておられる方も沢山いらっしゃいますし、何かしらの既往症があったり持病をお持ちの方などは重症化することは不安でしょうから、そういう方のお気持ちも当然理解できますので大手を振って「大丈夫大丈夫」と吹聴するつもりはございません。

でもですね、幸いなことに健康であったり体力があったりして比較的免疫力が高いと思う場合までも、右へ倣えで自粛という方向へ流れていかなくてもいいのではないかと、そういう方がしっかりと経済を回すべく「普段通り」に活動しても良いのではないのかと、このように考えているんですね。

ではなぜそのように考えるのか。

上でも書きましたように、いろいろと医療機関や医師が発信する「コロナウィルスが大騒ぎするに値しない理由」という主旨の文章や統計を調べていくうちに「あれ?これって大丈夫じゃないの?」と思えるようになったからなんです。

例えばこんな記事たち。

できれば皆様に読んでいただきたいのでリンク先をご覧いただければ幸いです。

コロナウイルスに感染する可能性は0.0000017482%、死亡する可能性は0.0000001137%

という、アメリカの健康ジャーナリストであり多数の著作を発表している「Bill Sardi(ビル・サルディ)」氏が寄稿したものや、例えば

【藤井聡】過剰自粛という集団ヒステリー ~「100人以下」のイベントでの感染確率は「ほぼゼロ」である~

という、京都大学大学院教授の藤井聡氏の書いたコラム、例えば

【新型コロナウイルス】新型コロナウィルスが他の感染症に比べてどのくらい恐ろしいのか、グラフで比較してみた【COVID-19】【2019-nCoV】

という、「id:med2016 」というHNでブログを投稿している医学博士が書いた記事などを読みますと、「(体力があって健康体ならば)本当にインフルエンザ程度の症状で済むのかも」という認識に落ち着くんです。

その他にもシンガポールの大統領が国民に向けた演説などもあり、繰り返して書きますが、比較的体力に自信があり免疫力も高いと自負する人にとりましては「普段通りに生活できるレベル」という認識で良いと考えるからなんです。

ということで、結局何が一番言いたいかと申しますと、元気な皆様、スキーしませんか?とお誘いしたいわけでございます(*^^*)

スキー場は爽快な空気の中を楽しむ屋外スポーツですから、例え曇っていても日光を浴びることはできますから免疫力アップのビタミンDも活性化されますし、なによりも身体を動かすことで運動不足解消やストレス解消に大いに役立つと思うんですよ。

さらにスキーの後のお酒は美味いということで、「〆鯖」と「チーズ」なんかをつまみに飲めば、ビタミンDとカルシウムという最強の組み合わせも吸収できます(アルコールはビタミンB群をかなり消費しますからほどほどに)からさらに免疫力アップが期待できます。

その他にも免疫力アップにはビタミンAやビタミンCが良いといわれておりますから、屋外で適度な運動をした後にはレバニラ炒めやカボチャ、マイタケなどもお勧めでございます。

このご時世ですので、ニセコのスキー場は比較的空いております。

ということは「人が密集する」ということはありませんし、ゴーグルやフェイスマスクを装着している人が多いですから飛沫感染のリスクも都会生活よりは少ない、さらに上に書いた理由で免疫力アップも期待できる・・・

もちろん公共交通機関を利用される場合は移動の際のリスク不安もあるでしょうし、レストハウスなどの空間に対する不安もあるでしょうから「絶対大丈夫」なんてことはとても言えませんが、それでも、主な感染源は「自分の手」という報告もありますから(空気感染はしない。ウイルスの付着した部分を触った手で自分の顔を触るとリスクが高まる)、しつこいようですがうがい・手洗いをしっかりとしていればかなりの確率で防げると思いますので、健康で体力と免疫力に自信のある方は、スキー場を始め応援したい場所へお出かけくだされば幸いです。

よし、僕も応援したいお店や場所が沢山あるので、できる限りで食べ歩きします(*^^*)


βカロテンで免疫力アップ!100%無農薬人参冷凍ジュース とくべつなにんじんジュース 1ヶ月分 100cc×30p にんじんジュース 無添加 無添加ストレート 送料無料

ブログ最近の記事

  1. エゾシーフード
PAGE TOP